睡眠の質を高める光の色は?

睡眠の質を高める光の色は?

 

人間が生きていく上で睡眠時間は非常に大切な時間です。

 

睡眠の質によって疲れが取れたり、さわやかな気持ちで1日

 

を始めることができます。では、睡眠の質を高めるにはど

 

うしたらいいのでしょうか。私なりに感じていることを書

 

きます。
まず始めに私が強く思うことが、日本の家の蛍光灯は明る

 

すぎるということです。その家庭にもよりますが、時間な

 

ど関係なく蛍光灯は常に全力で部屋を明るくします。海外

 

では間接照明がほとんどと言いますが、ホテルでも間接照

 

明を取り入れているところが多いのも、睡眠と光が深く関

 

係しているからでしょう。そのため、私も家の電球の色を

 

黄色に変え、2つある電球のうち夜は1つしかつけないよう

 

にしました。結果、夜は落ち着いて過ごせていますし、よ

 

く眠れたと感じています。ただし、黄色電球では色彩がう

 

まく判断できません。私はよく夜ネイルをしますが、翌朝

 

太陽の光の中ネイルを見ると、夜見ていた色と違い驚くこ

 

とが多々ありました。そのため、勉強などされる方は別途

 

白い光も用意した方がいいかもしれません。
結果、作業などする際は光の色は白の方が好ましいという

 

ことですね。夜細かい作業をしてしまうと、緊張で頭も疲

 

れてしまいなかなか眠りにつけないということもあります

 

ので、寝る前は柔らかな光の中でゆっくりと過ごすことが

 

、睡眠の質を高めるポイントだと感じています。
今回は光について考えてみましたが、私は温度や寝具、香

 

りなども深く関わっていると思っています。これからひと

 

つずつ検討しながら睡眠の質を高める努力をしていきたい

 

ものです。